今日は曇り空でしたが、すごく蒸し暑かった福岡です。

福岡、大分の被害はかなりひどくて驚かれている人も多いと思います。被害に遭われたかたには心からお見舞い申し上げます。

避難所にはエアコンもない所も多いとか・・・

これからのますます暑くなる季節だけに心配です。

 

 

今回のことで「特別警報」というのを知った人も多いと思いますけど、この「特別警報」はなかなか出るものではなく、

 

気象庁のページにも、


気象庁は、大雨、地震、津波、高潮などにより重大な災害の起こるおそれがある時に、警報を発表して警戒を呼びかけます。これに加え、警報の発表基準をはるかに超える大雨や大津波等が予想され、重大な災害の起こるおそれが著しく高まっている場合、「特別警報」を発表し最大級の警戒を呼びかけます。

特別警報が対象とする現象は、18,000人以上の死者・行方不明者を出した「東日本大震災における大津波」や、我が国の観測史上最高の潮位を記録し、5,000人以上の死者・行方不明者を出した「伊勢湾台風」の高潮、紀伊半島に甚大な被害をもたらし、100人近い死者・行方不明者を出した「平成23年台風第12号」の大雨等が該当します。

特別警報が発表された場合、お住まいの地域は数十年に一度の、これまでに経験したことのないような、重大な危険が差し迫った異常な状況にあります。ただちに地元市町村の避難情報に従うなど、適切な行動をとってください。


と書いてあります。

 

つまりは、「特別警報」が出たら命の危険が差し迫っている!!ってことになるわけなんですね。

 

しかし、警報がでてる時に気が付かないと意味がありませんよね。

 

普段から、避難所や避難経路なんかも意識していたほうがいいなあと今回改めて感じました。

 

今年も今から台風の季節になってくるので、みなさんもいざという時のために考えておく時間を持つのもいいかもです・・

 

被災地が早く復旧できますように